スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎系種牛候補、県に提供方針…「安平」の孫も(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、政府は26日、同県のブランド種牛を絶やさないため、国が飼育している宮崎系の種牛候補の牛を、県の要請があれば提供する方針を示した。

 独立行政法人家畜改良センター(福島県)が、鳥取牧場(鳥取県)で7頭、宮崎牧場(宮崎県小林市)で6頭の種牛候補を飼っており、このうち鳥取の4頭と宮崎の1頭は、伝説の種牛「安平(やすひら)」の孫にあたる。

 県は要請について「今後の状況を見て判断したい」としている。

結婚迫られ嫌気 睡眠薬入りスープ飲ませ絞殺 上司の男を再逮捕(産経新聞)
上品な大阪湾の恵み「泉州アナゴ」 大阪府堺市(産経新聞)
橋下知事、市議補選圧勝で平松市長を遠隔批判(読売新聞)
「このまま死ぬんだな…」 秋葉原殺傷事件で刺された警察官が証言(産経新聞)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
スポンサーサイト

医療安全共同行動、「医療人全体の運動」に(医療介護CBニュース)

 医療安全対策の実施と普及に取り組む「医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”」の2周年記念フォーラムが5月15日、東京都千代田区で開催された。共同行動推進会議の高久史麿議長(日本医学会長)は、2008年5月から2年間をキャンペーン期間として取り組んできた同行動を「医療人全体の運動」として継続すべきだとの認識を示した。また、共同行動企画委員会の上原鳴夫委員長(東北大大学院教授)は、地域でのさらなる推進、定着の必要性を参加者らに訴えた。

 「医療安全全国共同行動」は、日本病院団体協議会、日本医師会、日本看護協会などが中心となり、全国の病院への医療安全対策の普及を目指している。記念フォーラム前半のシンポジウムでは、岩手、沖縄、東京、鹿児島の代表者による地域フォーラムの報告や講演などが行われた。後半のワークショップでは、「中小規模病院の医療安全対策」など3つのテーマごとに、参加者らを交えたグループ討議などを行った。

 シンポジウムであいさつした日医の原中勝征会長は、「人やお金が足りない中で、どのように患者を安全に守っていくのかを、わたしたちは真剣に考えていかなければならない」と強調。「国民、医療関係者、政府と一緒になって、生涯安心した生活が送れるような社会づくりに少しでも貢献したい」と述べた上で、共同行動の継続が患者の安全確保につながることに期待感を示した。

 高久議長は、参加登録病院が600強、取り組みを支援する参加団体・協力団体が82になったことを明らかにし、全国共同行動を「医療人全体の運動」として継続していきたいとした上で、これまでの活動の評価を調査した上で事業計画を策定し、11月に開く全国フォーラムで公表する考えを示した。また、運営に当たっては財政的な基盤が重要だとして、「ある程度の財政的な援助を国にお願いしていく必要があるのではないかとの意見があったので、検討している」と述べた。

 上原委員長は、「地域での取り組みの評価」が課題だと指摘。参加登録病院が成果を出し合って共有し、地域で互いに支え合うべきだとの考えを示した。また、「2年間の評価や報告を踏まえながら、より意味あるものにしていく」と述べ、参加登録病院に対し、これまでの活動とその成果を評価して11月までに報告するよう求めた。参加登録病院の受け付けは、5月以降も継続する。

 全国フォーラムは、11月26、27日に幕張メッセ(千葉市)で開かれ、成果発表会とシンポジウムを行う予定だ。


【関連記事】
医療版事故調の早期設立求め集会
医療安全共同行動、「地域での活動強化を」
医療安全めぐり弁護士、医師らが討論-厚労省シンポ
各地の医療安全推進事業を報告―日看協シンポ
医療安全の共同行動、「結果出す」2年目に

小沢氏が連合と地方行脚、進退論封じの思惑も(読売新聞)
「子ども部会もつくって」―障がい者制度改革会議に要望書(医療介護CBニュース)
ソニー銀元行員を逮捕=口座から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
かみ付いた飼い犬、逆転無罪 「幼児の証言に疑問」(産経新聞)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)

県警元巡査らに有罪=短大生監禁事件-神戸地裁(時事通信)

 神戸市の男子短大生をマンション内に監禁してけがを負わせたとして、監禁致傷などの罪に問われた元兵庫県警芦屋署巡査、富岡龍也被告(22)ら3人の判決公判が13日、神戸地裁で開かれ、小川弘持裁判官は「被害者の受けた肉体的、精神的苦痛には相当のものがある」として、同被告に懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 中村昂(21)、大森さゆり(21)両被告には、それぞれ懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。 

【関連ニュース】
短大生監禁、巡査ら起訴=県警が懲戒免職

<ひこにゃん>商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
<鵜飼>幽玄な古典漁法の妙技 岐阜・長良川で開幕(毎日新聞)
遠野物語発刊100年 情感たっぷり、子ども語り部が活躍(産経新聞)
首相が一部移転を正式要請、徳之島3町長は拒否(読売新聞)
痴漢検挙77人、29人が再犯 首都圏集中取り締まり(産経新聞)

<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)

 思春期までに親を自殺で失うことは、遺児がその後自殺する要因の一つとなりうることが、米国とスウェーデンの研究チームの調査で分かった。17歳以下で自殺遺児となった場合、両親が健在の同世代と比べて自殺死亡率は3倍高いが、18歳以上では顕著な差はみられなかった。自殺と遺伝を関連づける声を否定している内容で、日本でも絶えない自殺遺児への支援を考える上で注目される。21日付の米児童青年精神医学会誌(電子版)に掲載した。

 スウェーデンの人口統計を約50年さかのぼり、25歳以下で親を自殺で失った遺族・遺児(4万4397人)の生存状況を調べた。また、親の死亡前に子が精神疾患や発達障害とみなされた例は除いた上で、同期間に25歳以下で事故や病気で親を失った遺族・遺児約45万人、両親健在の約380万人と比較した。

 その結果、両親が健在の同世代と比較して、12歳以下で自殺遺児となった群の自殺死亡率は3倍、13~17歳の場合は3.1倍高いことが分かった。18~25歳の場合は1.3倍で、思春期の子どもに与える影響の大きさをうかがわせている。

 一方、事故で親を失った遺児の自殺死亡率は12歳以下の場合、両親が健在の群に比べ2倍高かったが、上の年齢で違いはなく、それ以外の原因で親が死亡した場合も年齢に関係なく差はなかった。

 研究チームの米ジョンズ・ホプキンス大は「いつ、どのように親を亡くしたかが子の自殺に強く関連している。親を失った直後から専門家が見守ることが重要」と指摘する。【八田浩輔】

【関連ニュース】
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
二十歳の手紙:自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く
雇用情勢悪化、追い打ち 「死にたい」失業者の8割近く
救える命・自殺未遂者を支える:松本俊彦さん 自殺のシグナルを受け止めて 秋田
救える命・自殺未遂者を支える 一人にしない地域づくり 秋田

「納得できない」…事件幕引き懸念の声(読売新聞)
医療ツーリズム専門部署がスタート―JTB(医療介護CBニュース)
織田信成選手 婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)
ジオス 勧められ一括払い 娘に注意むなしく(毎日新聞)

<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)

 21日午前11時50分ごろ、東京都羽村市羽の羽村三慶病院の病室内で、40代男性と60代の女性が腹から血を流して倒れているのを病院関係者が発見した。警視庁によると、2人は重傷。女性は脳梗塞(こうそく)の後遺症で入院していた患者だった。警視庁は、介護に疲れた息子の男性がナイフで女性を刺した後、自殺を図ったとみて調べている。

【関連ニュース】
中国電力:部長が自殺 島根原発調査担当
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
二十歳の手紙:自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く
自殺:対策強化月間スタート、福島氏ら駅前でキャンペーン
飛び降り自殺:島根原発調査担当・中国電力部長が

徳之島怒!鳩山首相が訪問しても入島拒否!!(スポーツ報知)
山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
東京、近畿の水俣病訴訟も和解へ(時事通信)
沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ(産経新聞)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
プロフィール

Author:ミスターこうじさかぐち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。