スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<天気>近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)

 近畿は30日朝、1月下旬~2月上旬並みの冷え込みとなった。奈良市で氷点下1.4度になったほか、各地の最低気温は、京都市0.6度▽大阪市2.4度▽神戸市1.6度--まで下がった。

 大阪管区気象台によると、28日ごろから続いた冬型の気圧配置で強い寒気が流れ込んだことに加え、晴れたことで地表付近の気温が上空より低くなる放射冷却現象が起きたためという。30日朝からは高気圧が張り出しており、31日には寒さが緩む見通しという。

 雪がちらついた地域も多く、京都市北区の金閣寺では季節はずれの雪化粧となった。【林田七恵】

【関連ニュース】
気象庁:天気予報サービスでトラブル
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
天気:宮古で氷点下20.3度…各地で2月並み寒さ
雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開

嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精-千葉法相(時事通信)
英国大使館別荘 栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ-ギョーザ事件(時事通信)
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)
「飛び込み出産」7割がハイリスク(読売新聞)
スポンサーサイト

NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)

 【ニューヨーク=松尾理也】米ニューヨーク・タイムズ社は24日、同社の傘下にある国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に掲載されたシンガポールのリー・シェンロン首相らをめぐる記事に問題があったとして、同首相や、父親のリー・クアンユー同国元首相らに謝罪したことを明らかにした。ロイター通信によると、同社は16万シンガポールドル(約1千万円)を支払うという。

 問題になったのは、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に定期的に寄稿している評論家フィリップ・ボウリング氏が執筆した2月15日付の記事。謝罪文は24日、ニューヨーク・タイムズ紙ウェブサイトのオピニオン面に掲載された。

 謝罪文によると、ボウリング氏は1994年、シンガポール政府との間で、シェンロン氏が首相の地位を得たのは父親のクアンユー氏の縁故によるものであると書いたり、ほのめかしたりしないとの合意を行っていた。にもかかわらず、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙記事は「シェンロン氏が実力で首相の地位を得たのではないと推測させるような内容を含んでいた」とした上で、「そうした推測は本意ではなく」、シェンロン氏やクアンユー氏に謝罪する、としている。

 首相らの代理人がロイター通信に明らかにしたところでは、ニューヨーク・タイムズ社と担当の編集者、ボウリング氏は合同で、計16万シンガポールドルを支払うという。

 ボウリング氏は94年、シンガポールを批判する内容の記事を書いたため同国の裁判所で名誉棄損に当たると認定されていた。今回の謝罪文が明らかにしているボウリング氏とシンガポール政府間での合意とは、これに関連したものとみられる。

【関連記事】
ウィーン少年合唱団が過去の虐待疑惑で謝罪
ローマ法王が児童虐待問題で歴史的謝罪
過ちを認めても謝罪はせず 国益の間で葛藤する各国
カダフィ氏への発言で謝罪 米国務次官補
南ア大統領、隠し子騒動に謝罪も…野党、追及ゆるめず

世界最大のカブトムシなど108匹盗んだ男逮捕(スポーツ報知)
全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)
ゾルゲ事件、資料公開へ 取調官の遺品数千点(産経新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
容疑者拘束、日本政府も確認=情報提供要請へ-ギョーザ事件(時事通信)

足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に(産経新聞)

 犯人特定に高い信用性を誇っていたはずのDNA型鑑定が誤っていたことで再審無罪となった足利事件。誤った鑑定が結果的には虚偽の自白をも引き出したという当時の問題点が次々に浮かび上がる中で、裁判所は、証拠について、より広範かつ慎重な検討を重ねるようになり始めた。足利事件の影響は再審請求を中心に広がっている。

 昭和38年に埼玉県狭山市で女子高生が殺害された「狭山事件」の第3次再審請求審で東京高裁は昨年12月、検察側に対し警察の捜査メモや犯行時間帯の目撃証拠などの開示を勧告した。弁護団が当初から開示を求めてきたもので、昭和52年の第1次再審請求から30年以上を経て、狭山事件では初めての勧告だった。

 狭山事件は足利事件などと同様、自白が有力な証拠となった。ただ、自白偏重の捜査による冤罪事件が相次ぐ中で、かつては“証拠の王様”といわれた自白について、その信用性や任意性を支える証拠の重要性が見直されている。狭山事件での勧告はその流れを示すものといえる。

 神奈川県三浦市で昭和46年に一家3人が殺害された「三崎事件」の再審請求審では、死刑確定の唯一の物証で、被害者のものとされた血痕のDNA型鑑定が行われることになった。昨年した元死刑囚はこの血痕を一貫して自身のものと主張してきたが、当時の警察の血液鑑定では「被害者と一致した」とされ、裁判でも認められた。

 ただ、足利事件で無罪のきっかけとなった再鑑定にみるように、現在のDNA型鑑定が正しく運用されれば、時間を経た血液などでも、保存状態次第では精度の高い結果が得られる可能性がある。このため、裁判所はできうる限りの検討をするため、鑑定を決めたとみられる。

 あるベテラン裁判官は、慎重になりつつある証拠検討について「有罪、無罪の結論にかかわらず、検察や弁護側、一般国民に向けて納得のいく結論を導き出すため、できる限りの証拠を精査していこうという意識が裁判官の間に広がっているのではないか」と指摘している。

【関連記事】
足利事件の再審 菅家さんに無罪判決
足利再審判決後に市民集会 「無罪判決を祝いたい」
足利再審 検察当局、控訴しない方針
足利事件 誤判原因は解明されたのか
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現

女性下士官の身柄拘束=当て逃げ、飲酒運転か-在沖米軍(時事通信)
<知人男性刺殺>64歳被告に懲役13年 大阪地裁堺支部(毎日新聞)
<自民党>「地球温暖化対策基本法案」の対案を提出(毎日新聞)
LDH、旧経営陣と和解=賠償訴訟終結-東京地裁(時事通信)
核密約資料、後任に引き継ぎ=衆院外務委の参考人質疑で東郷氏(時事通信)

最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)

 栃木市や周辺地域のB級グルメが一堂に会するイベント「第1回じゃがいも入り栃木焼きそばVS地域B級グルメin蔵の街」が4月10、11日の両日、同市倭町の小江戸ひろばで開催される。市観光協会では、「B級グルメを集めることで、地域の名物の知名度が向上するような相乗効果を期待したい」としている。

 安くておいしく、親しみやすいB級グルメを通じて、観光客を誘致し、地域の活性化を図ろうという狙い。市や観光協会、まちづくりに参加する市民団体などが実行委員会を立ち上げ、準備を進めてきた。

 参戦が予定されているB級グルメは、同市の名物の「じゃがいも入りやきそば」や「宇都宮ギョーザ」「佐野ラーメン」といった県内のメジャーどころに加え、群馬県伊勢崎市の「伊勢崎もんじゃ」、埼玉県行田市の「ゼリーフライ」など、県内ではなかなか味わうことのできないB級グルメ全35品。

 1品300円前後の普通盛りのほか、いろいろなB級グルメを少しずつ食べたい人向けの小分けサイズ(100円)も用意するという。

 会場では、太鼓やバンド演奏などでイベントを盛り上げるほか、当日は、近隣の太平山県立自然公園の「太平山桜まつり」や同市星野町で「星野花まつり」も開かれていることから、実行委は相乗効果も狙っている。

 実行委員長の阿部佳司さん(62)は、「栃木に足を運んでもらうには、“仕掛け”が必要。今後も『食』をテーマにしたイベントで、栃木を訪れる人を増やしていきたい」と意気込んでいる。

【関連記事】
ズビズビのつら~い時期ですが、楽しみも!
王者「津山ホルモンうどん」も 20日からB級グルメフェスタ
「浜松ギョーザ」50円差で宇都宮に惜敗
懐かし新し「ひね鳥」、食材ブランド化へ 着ぐるみも登場
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」
20年後、日本はありますか?

<新潟・十日町断層帯>西部の地震発生確率高まる(毎日新聞)
<証拠隠滅教唆>証拠品の刃短く、警部補を懲戒処分 警視庁(毎日新聞)
シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)
同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)
遺体は30代女性=死後切断、7~10日経過-福岡県警(時事通信)

外交専門誌、夏にも創刊=外務省(時事通信)

 外務省は8月にも、外交政策への理解を深めてもらうことを目的とした専門誌を創刊する。同省が続けていた月刊誌「外交フォーラム」の買い取り事業が昨年の事業仕分けで「廃止」と判定され、同誌が休刊になったことを受けた措置。
 創刊に必要な経費として、同省は広報予算から5000万円を確保。隔月発行で、定価は800円前後とする方針。企画の内容を比べて出版社を選び、業務委託する。 

【関連ニュース】
鳩山首相の発言要旨=政権発足半年
鳩山首相「国民のおしかり反省」=政権運営への意欲強調
「政治とカネ」に危機感=成果自負も
鳩山政権半年の主な動き
事業仕分けへの協力指示=鳩山首相

<国内無国籍者>在留資格なし280人 国の調査急務(毎日新聞)
<蓮池薫さん>新潟大大学院博士課程に合格 4月から通学(毎日新聞)
男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判-東京地裁(時事通信)
仮免許失効者を路上教習…福島の教習所(読売新聞)
平野官房長官インタビュー☆3(時事通信)

秋篠宮さまの日程変更=タイ情勢悪化で(時事通信)

 タイ情勢の悪化を受け、17~28日の日程でタイとラオスを私的に訪問する予定だった秋篠宮さまが、出発を23日に延期し、同日までにタイで予定されていた行事出席を取りやめられることになり、16日の閣議で報告された。
 変更後の日程では、秋篠宮さまは23日に長女眞子さまと一緒にバンコク経由でラオスの首都ビエンチャン入り。同国に27日まで滞在し、バンコクを経て28日に帰国する。 

テレビ、三味線…堀江被告の資産、差し押さえを執行 東京地裁(産経新聞)
<田中慶秋議員>収支報告書を誤記載 「連合神奈川から」と(毎日新聞)
和泉の不明中2女子 東京で無事保護(産経新聞)
発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
鳩山邦夫氏が新党へ強い意欲「連休前」「覚悟できた」(産経新聞)

社民、苦悩の連立維持…自衛隊「合憲」原発「容認」(読売新聞)

 社民党が連立政権維持のため、安全保障や原子力など党の根幹にかかわる政策で妥協を強いられるケースが続いている。

 参院選が近づく中、党の独自性を失うことに執行部には焦りも広がっている。

 12日の参院予算委員会。自民党の佐藤正久氏は、社民党が2006年の党宣言で自衛隊を「現状、明らかに違憲状態にある」と明記していることを念頭に、社民党党首の福島消費者相に「自衛隊は合憲か違憲か」と何度も詰め寄り、審議は紛糾。福島氏は「閣僚としての意見は控えさせていただく。私は社民党党首だから」「内閣の一員として内閣の方針に従う」とあいまいな答弁を続けたが、最後には「そう(合憲)です」と答弁せざるを得なかった。

 12日に閣議決定した地球温暖化対策基本法案でも、福島氏は「原子力推進」の文言を削るよう平野官房長官らに頼み込んだが、主張は通らなかった。福島氏は記者会見で「100%納得しているわけじゃない。社民党が原子力推進で納得しているわけではない」と苦しい釈明に追われた。

 参院では、民主党会派が社民党の協力がなくても過半数を確保し、民主党からは社民党を軽視する声も出始めている。

 地球温暖化対策基本法案を協議した環境省の政策会議では、原発推進に異議を唱える社民党議員に、ある民主党議員が「どうせすぐに連立離脱するんだから、社民党の言い分は聞かない」と発言、出席者に緊張感が走ったという。

 それでも、福島氏らは、政権与党の実績をてこに参院選で躍進する戦略を描く。しかし、社民党が重視する沖縄県の普天間飛行場移設問題が「県内移設」で決着した場合、難しい判断を迫られる可能性もある。

 阿部知子政審会長らは県内移設を容認してでも連立に残るべきだとの考えだが、自社さ連立政権時代、自衛隊容認など妥協を繰り返し、党勢衰退につながった経験を踏まえ、「党の主張を押し通し、連立離脱した方が参院選を戦えるのではないか」との声も少なくない。

 ある党幹部はこう語る。

 「県外、国外にこだわっていると、このままでは我々が閣外に行ってしまうことになる」

民主の比例新人が勉強会(産経新聞)
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取-国分寺市路上遺棄の男性・警視庁(時事通信)
<自民党>栃木でネット投票 参院予備選(毎日新聞)
海岸に女性の遺体、切断か=捜査本部設置-福岡県警(時事通信)
<岡田外相>沖縄密約報道の西山氏に「お気の毒だと思う」(毎日新聞)

普天間移設が火種、“政争の島”再び二分か(読売新聞)

 鹿児島県の徳之島が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で揺れている。

 政府が検討している米海兵隊の訓練移転に多くの島民が反発する一方、経済効果に期待する島民は基地誘致に向けた署名活動の準備を始めた。かつて激しい政争で知られた島は、再び二分されかねない状況になっている。

 「この畑も軍用地になるのかな」。青く澄み切った海に面した畑で、特産の春ジャガイモの収穫に追われていた盛猛朗さん(25)(伊仙町)が、不安そうな表情を浮かべた。黒毛和牛の子牛とジャガイモの生産で、妻(24)と長男(1)を養う。「牛は騒音などのストレスでエサを食べなくなる。ヘリが来れば、島外に出るしかないかも」と言葉にも力がない。

 1月に島が基地移設先として浮上した直後、反対する島民約50人が「徳之島の自然と平和を考える会」を結成。沖縄の米軍被害などの勉強会を重ねてきた。中心メンバーでメロンなどの栽培農家、松村博光さん(63)(天城町)は「まじめに働けば、十分に食わせてくれる環境こそ島の誇り。移設など許されない」と力を込める。7日には約500人が参加する集会を開く。

 ただ、島は反対一色ではない。2月24日、島内の全戸に「基地移設の前提条件を考える」として、〈1〉60歳以上の島民に月10万円の特別年金支給〈2〉島内3町に全天候型の闘牛場設置〈3〉害虫のアリモドキゾウムシ駆除――など15項目の要求案を記したチラシが配られた。

 考案したトレーニングジム経営、谷岡一さん(57)(徳之島町)は「基地は島の経済の起爆剤になる」と訴える。仲間5人と3町長に住民投票の実施を要請したほか、近く政府に移設を求める署名活動も始めるという。「賛成派はまだ少数。でも、良い条件を引き出せれば、島民の多くは賛成するはず」と強調する。

 島は衆院選が中選挙区制で行われた1980~90年代、全国唯一の1人区だった旧奄美群島区。保岡興治、徳田虎雄の両氏が島を二分する激しい選挙戦を繰り広げた。「保徳代理戦争」と呼ばれた91年の伊仙町長選では、町民同士の衝突や役場への投石騒ぎが起き、機動隊が投入された。

 小選挙区制導入後、両氏が別々の選挙区から出馬したこともあり、島は近年、ようやく落ち着きを取り戻した。伊仙町の大久保明町長(55)は「住民投票などで再び混乱が生じることは、避けなければならない」と警戒を強めている。(松浦篤)

【アートカレンダー】桑原正彦展 東京・清澄 小山登美夫ギャラリー(産経新聞)
北が日本世論軟化策 総連内部文書 マスコミ工作指令(産経新聞)
世論調査結果で小沢氏「参院選は別次元」(読売新聞)
「成育医療」の医師数、一般病院の1.9倍必要―日医総研(医療介護CBニュース)
<宮城アパート火災>重体の2歳長男も死亡(毎日新聞)

来年度から個所付け事前公表=菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は7日のNHK番組で、民主党が2010年度予算案の審議前に、国土交通省からの情報をもとに公共事業の予算配分(個所付け)案を地方自治体に伝えていた問題に関し、「選挙のために行政権力を使ったとみられたとすれば申し訳ない。出せるものは(国会に)出して審議の材料に供した方がいいというのが基本だ」と述べ、来年度以降は予算成立前に配分案を国会で公表する方針を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

駅ホーム転落の男性、俳優・池田努さんらが救出(読売新聞)
<チリ地震>イオンが復興支援金300万円を贈呈(毎日新聞)
貸金業規制、メガバンクは対案を=亀井金融相(時事通信)
娘とhideさんに届け「骨髄移植に理解を」 両親がチャリティーライブ企画(産経新聞)
<婚約>「ええにょぼ」の女優・戸田菜穂さんが婚約(毎日新聞)

10年前の強盗容疑で39歳男逮捕=「見当たり捜査員」が発見-警視庁(時事通信)

 2000年に東京・歌舞伎町の喫茶店に押し入り、客にけがをさせたとして、警視庁が強盗致傷容疑で、マージャン店店員の男を逮捕していたことが2日、新宿署への取材で分かった。
 同署によると、逮捕されたのは自称東京都豊島区の山田茂容疑者(39)。容疑を認めているという。
 同容疑者は約10年間、茨城県内のパチンコ店で働くなどしていた。顔の特徴などを記憶して捜す「見当たり捜査員」が先月23日午前、豊島区のパチンコ店前にいた同容疑者を発見した。 

【関連ニュース】
ゲーム喫茶強盗、100万円奪う=売り上げや客の所持金、2人けが
母子殺傷で無期求刑=被告側は無罪主張
路上で女性殴られ眼球破裂=かばん奪い、男が逃走
牛丼店に強盗、90万円奪う=栃木
苫小牧市内でナイフ発見=兵庫の72歳女性強殺

小中学生がひったくり=容疑で逮捕「遊ぶ金欲しく」-大阪府警(時事通信)
地域主権2法案を閣議決定(時事通信)
<アカデミー賞>助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん(毎日新聞)
博多火災 被災ラーメン店1週間ぶり再開(毎日新聞)
与謝野氏、谷垣総裁辞任を要求…新党結成も視野(読売新聞)

<鳩山首相>「規正法成立へ与野党協議を」 小沢氏に指示(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日、首相官邸で民主党の小沢一郎幹事長と会談した。首相は企業・団体献金禁止など「政治とカネ」をめぐる政治資金規正法改正について「自分も積極的な発言をしてきたので、党の方で与野党に声をかけて協議の場を作ってほしい。与野党で成案を得てほしい」と述べ、与野党の協議機関を設置して、今国会中の成立を目指すよう指示した。

 会談は首相が小沢氏を呼ぶ形で行われ、平野博文官房長官も同席。会談を受けて、民主党は国会内で役員会を急きょ開き、協議機関設置を急ぐことを確認した。北海道教職員組合の違法献金事件など政治とカネの問題が焦点化する中、政権が前向きに取り組む姿勢を強調する意味がある。

 会談で、首相は参院選の政権公約(マニフェスト)の作成を急ぐことも指示。政府・党から担当者をそれぞれ選任し、共同して策定することで小沢氏と一致した。【白戸圭一】

【関連ニュース】
普天間移設:「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調
鳩山首相:朝鮮学校生徒との面会検討へ 高校無償化法案で
鳩山首相:小沢氏と参院選に向け会談
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相
個所付け:鳩山首相が陳謝 国交相らの処分検討

宝塚のブランド買い取り店に強盗、150万奪う(読売新聞)
囲碁「女流名人戦」開幕(産経新聞)
公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる(J-CASTニュース)
ファイザー日本法人、2.6%の増収(医療介護CBニュース)
独法の事業仕分け、PMDAを含め「聖域なし」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)

<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)

 5日午前0時15分ごろ、千葉県大多喜町猿稲の県警勝浦署大多喜幹部交番内にある男子トイレで、当直勤務中の男性警部補(51)がライターの火をつけたところ、突然爆発した。この爆発で警部補は顔や両手に軽いやけどを負い、病院に運ばれ、トイレの天井約7平方メートルが熱風で溶けた。

 同署によると、現場に爆発物などはなかった。「ボン」という爆発音を聞いて駆けつけた別の警官が、トイレ床面にある排水口から高さ約1.5メートルの火柱が上がっているのを見た。地中の天然ガスが排水管を伝ってトイレ内に充満し、引火したとみて、ガスの流入経路を調べている。

 大多喜町は房総半島の中央にあり、1891(明治24)年、日本で初めて天然ガスの井戸が掘削され、「天然ガス発祥の地」として知られる。県によると、房総半島は日本最大規模の水溶性天然ガス田「南関東ガス田」の中心に位置し、天然ガスの年間産出量は全国2位の約4億6322万立方メートル(08年)。同ガス田を開発する関東天然瓦斯開発(東京都)によると、成分は99%がメタンで無臭。

 房総半島では88年以降、土中の天然ガスが原因とみられる爆発事故が相次ぐ。04年7月、九十九里町の「九十九里いわし博物館」で天然ガスが爆発し、職員2人が死傷。91年11月には茂原市内の東電社員寮で配管点検口を開けた女性がライターの火をつけたところ爆発して顔にやけどを負った。同市立茂原中でも88年4月、校舎の一室でスイッチを入れた際の火花で爆発が起きたが、けが人はなかった。【倉田陶子】

間寛平さん イラン映画に主演 世界一周中に(毎日新聞)
<名誉棄損容疑>「不倫」写真でっち上げ 朝日大職員逮捕(毎日新聞)
ゲーム喫茶強盗、100万円奪う=売り上げや客の所持金、2人けが-大分(時事通信)
<津波>足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧(毎日新聞)
きたれ!「4000人のブートキャンプ」へ 万博40周年記念(産経新聞)

前原氏、仙谷氏、原口氏の“遅刻3兄弟”平謝り!(スポーツ報知)

 “遅刻3兄弟”が平謝り―。2010年度の予算を審議する3日午前の参院予算委員会に閣僚3人が遅刻する前代未聞のハプニングがあった。遅刻したのは、前原誠司国土交通相(47)、仙谷由人国家戦略担当相(64)、原口一博総務相(50)。それぞれ陳謝した。委員会開始が約15分遅れる事態となり、「緊張感の欠如」(石破茂自民党政調会長)など野党側は一斉に反発した。平野博文官房長官(60)は「事務的連絡ミス」など遅刻理由を説明しているが…。

 この日の参院予算委員会は、冒頭で10年度予算案の趣旨説明をするため、通常より10分早い8時50分からの開始予定だった。

 だが、前原国交相、仙谷国家戦略相、原口総務相は遅刻。周囲を見回しながら着席した。野党側からは「遅刻とはどういうことだ」「理由を言え、理由を」とヤジが飛び、自民党の舛添要一前厚労相(61)は「参議院をバカにしている」と拳を振り上げ、興奮。遅刻理由の説明を促した。

 3閣僚は「おわび申し上げます」(前原氏)、「誠に申し訳ありません」(仙谷氏)、「反省しています」(原口氏)と次々と頭を下げたが、その場では理由を語らなかった。

 しかも、間の悪いことに、原口氏は予算委員会開始時間を2分過ぎた8時52分ごろに、ミニブログ「ツイッター」に書き込んでいたことが発覚。「原口ビジョンでは2020までに光の道100%を目指すとしていました。もっと前倒しできないか議論を詰めています」とのんきにつづり、遅刻しているという危機感は一切なし。原口氏は「ツイッターで遅れた訳ではない」としたが、鳩山由紀夫首相が「予算案が通過し、緊張感が足りなかったと思う。申し訳ない」と陳謝する異例の事態となった。

 3閣僚は平野官房長官に対し、「事務的連絡ミスだった」と遅刻の理由を説明していたという。原口氏は「ツイッター」でも、「委員会審議に遅参したことを心からお詫びいたします。大臣室と総務課の確認ミスですが大臣として厳しく反省をいたしております」とつづった。だが、舛添氏によると、前原氏は遅刻の理由について「答弁レクが長引いた」と説明、国交省でも「いつも通りの時間で出発していた」としている。

 “ヤンキー先生”こと自民党の義家弘介参院議員(38)は「3月3日は北海道の公立高校の受験日です。生徒は5分、10分入試に遅れれば、受験できない」などと批判。「これほど失礼なことはない」と石破氏がかみつけば、谷川秀善参院幹事長(76)も「予算案が年度内に成立する気の緩みか」と怒り心頭の様子だった。

 【関連記事】
鳩山首相、前原国交相を処分へ
鳩山首相が選手団評価「日本人として誇りを持てる」
鳩山首相エール「日本人として誇りを持てる」
幸夫人、学生時代のあだ名は「黒い羊」だった
予算委員会 前原誠司 仙谷由人 を調べる

3月に女性の健康習慣イベント―厚労省(医療介護CBニュース)
「環境に優しい球場」甲子園に太陽光発電パネル(読売新聞)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
男2人週明け再逮捕へ 大阪・神戸連続宝石店盗(産経新聞)
「麻生さん入った風呂はイヤ」 首相公邸改修乱れ飛ぶ憶測(J-CASTニュース)

無期懲役を求刑へ=検察側「死刑回避理由ある」-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)

 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長石谷英夫さん=当時(82)=ら2人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた元部下の影山博司被告(55)の裁判員裁判の第4回公判が26日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれた。検察側は無期懲役を求刑する見通し。
 この日は3回目の被告人質問を実施。検察側の論告求刑、遺族の量刑意見、弁護側の最終弁論を経て結審する。午後から裁判員6人と裁判官3人が非公開で評議し、判決は3月2日の予定。
 検察当局はこれまで、複数が殺害された強盗殺人事件の判例を検討。影山被告について、死刑求刑の回避理由があると結論付けた。一方で、法定刑を下回る有期懲役に減刑する事情はないとし、無期懲役の求刑が妥当と判断したもようだ。
 公判は強盗目的で2人を殺害したかが争点。検察側は、石谷さんへの恨みに加え、石谷さんの預金を得て事務所の資金に充てた自分の借金を返済する目的があったと主張した。
 影山被告は「2人への不信から追い詰められ、逃れたい一心でやった」と述べ、預金引き出しは殺害後に考えたとした。 

“夢の原子炉”もんじゅ14年ぶり再開へ 機構が福井県に協議願い(産経新聞)
無償化から朝鮮学校除外、国連委が「懸念」(読売新聞)
別会社株でインサイダーの疑い=相場操縦事件の会社役員-大阪地検(時事通信)
選挙運動の強化要請 北教組支部が内部文書 小林議員地元(産経新聞)
仕分け第2弾へ意見募集(時事通信)

FM AICHI HEADLINE NEWS

『FM AICHI HEADLINE NEWS』(エフエムあいちヘッドラインニュース)はFM AICHIで一日数回放送されている報道ミニ番組である。土日限定で放送されている『FM AICHI NEWS&INFORMATION』、かつて行われた『FM AICHI SHOTGUN NEWS』もここで解説する。これらの番組が毎日随時放送されているので東京からの「JFNニュース」はFM AICHIでは一切ネットされていない。概要FM AICHI HEADLINE NEWS2008年秋改編より放送開始。前番組からの主な変更点は開始ジングルとニュース読み中のBGMだけである。ニュースは今までどおり全国とローカルを混ぜた独自編成。天気予報は東海3県のものを伝える。ニュース読みは基本的に内包される番組のDJが担当。(パワーミックスとハートフルスタイルなどを除く)FM AICHI NEWS&INFORMATION『FM AICHI NEWS&INFORMATION』は週末(土・日)に放送している報道ミニ番組。通常ニュースに加え、トラフィック(一部時間を除く)と天気予報を混ぜた内容となっており、全てアナウンサーが読む。トラフィックは主に高速道路情報であり、読まれる時間の25分前の時点の情報となる。尚、『FM AICHI NEWS&INFORMATION』は、通常ワイド系放送されている時間帯が全国ネット特番の場合にも放送される事がある。FM AICHI SHOTGUN NEWS『FM AICHI SHOTGUN NEWS』はアナウンサーではなく、各ワイド系番組のパーソナリティが読む(『HEARTFUL STYLE』、『POWER MIX』など一部はアナウンサーが読む)。原則全国ニュースとローカルニュースを混ぜた独自の構成となっており、最後は天気予報を読んでコーナーは終了する。2008年秋改編より、現名称に変更する形で終了。それ以前かつては『FMA NEWS』と『FMA NEWS&WEATHER』だった。その他気象情報を伝える際、愛知県の県域局でありながら、東海地方(愛知・岐阜・三重)の天気予報や気温を伝えている。放送時間 この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。FM AICHI HEADLINE NEWS7:33、8:22(月?金)『MORNING GROOVE』内

<連続保険金殺人>元看護師側、死刑回避求め結審(毎日新聞)
小坂、佐藤氏公認へ 自民、参院比例(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
<陸山会>小沢氏団体から13億円 04~05年不記載(毎日新聞)
首相「私は投げ出さない」 石井氏が講演で明らかに(産経新聞)
プロフィール

ミスターこうじさかぐち

Author:ミスターこうじさかぐち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。